さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
ぬけがらを       草の穂の        綱張りて        うしろ向きの      
つぎつぎに       まざまざと       醒めてゆく       
 
 
 

00652
ぬけがらを 置きてとびたつ すべなきに 洗ひし髪の たちまち乾く
ヌケガラヲ オキテトビタツ スベナキニ アラヒシカミノ タチマチカワク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.73
【初出】 『短歌』 1957.8 古代の石鏃 (11)


00653
草の穂の そよぐ河原 明るくて 児らはとりまく 教師の画架を
クサノホノ ソヨグカハハラ アカルクテ コラハトリマク キョウシノガカヲ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.73
【初出】 『形成』 1958.11 秋意 (1)


00654
綱張りて 光る帯など ひろげ干す 去らむ日近き 部屋乱しつつ
ツナハリテ ヒカルオビナド ヒロゲホス サラムヒチカキ ヘヤミダシツツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.74
【初出】 『形成』 1957.7 雨後 (1)


00655
うしろ向きの 人のみ歩む ユトリロの 絵と見ゐて不意に 心陥る
ウシロムキノ ヒトノミアユム ユトリロノ エトミヰテフイニ ココロオチイル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.74
【初出】 『形成』 1957.10 秋近く (4)


00656
つぎつぎに 花終へて葵 実りゆく 疑へばきりも あらぬ寂しさ
ツギツギニ ハナオヘテアオイ ミノリユク ウタガヘバキリモ アラヌサビシサ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.74
【初出】 『形成』 1957.9 遠き記憶 (2)


00657
まざまざと 憎みて塗りつぶし ゐたりしが 醒めては誰の 像とも分かず
マザマザト ニクミテヌリツブシ ヰタリシガ サメテハタレノ ゾウトモワカズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.75
【初出】 『形成』 1959.11 秋近く (3)


00658
醒めてゆく 心さながら 見守りつつ ながき葵の 花どきも過ぐ
サメテユク ココロサナガラ マモリツツ ナガキアオイノ ハナドキモスグ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.75
【初出】 『短歌』 1957.8 古代の石鏃 (12)