さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
いつよりか       鰻とる         夕顔の         少年の         
ふやされし       印持たぬ        昼休みの        日曜も         
停年近き        フローラを       福相を         
 
 
 

00641
いつよりか 「先生」とわれを 呼ぶ姉妹 今朝は畷の 草を刈りゐる
イツヨリカ センセイトワレヲ ヨブシマイ ケサハナワテノ クサヲカリヰル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.69
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (9)


00642
鰻とる 細工して畦に ゐる児らの 下駄乾きつつ 道にちらばる
ウナギトル サイクシテアゼニ ヰルコラノ ゲタカワキツツ ミチニチラバル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.69
【初出】 『形成』 1959.11 秋近く (4)


00643
夕顔の 苗を植ゑつつ 身の背後 あざむかれゐる ごとき静けさ
ユウガオノ ナエヲウヱツツ ミノハイゴ アザムカレヰル ゴトキシズケサ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.70
【初出】 『短歌』 1958.7 夢うら (5)


00644
少年の 野球選手ら バス降りて 並木の切れ目 より曲りゆく
ショウネンノ ヤキュウセンシュラ バスオリテ ナミキノキレメ ヨリマガリユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.70
【初出】 『形成』 1958.9 夏日 (4)


00645
ふやされし 労務といへど たのしみて 浜木綿の花を 鉢に培ふ
フヤサレシ ロウムトイヘド タノシミテ ハマユウノハナヲ ハチニツチカフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.70
【初出】 『形成』 1958.10 葉月 (2)


00646
印持たぬ 人には拇印 捺さしめて 経理のさまの むごきことあり
インモタヌ ヒトニハボイン オサシメテ ケイリノサマノ ムゴキコトアリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.71
【初出】 『形成』 1959.4 早春 (3)


00647
昼休みの 職場コーラス 混声にて 歯切れよく 断音を歌ふ
ヒルヤスミノ ショクバコーラス コンセイニテ ハギレヨク スタツカートヲウタフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.71
【初出】 『短歌』 1956.11 カナダまで (13)


00648
日曜も 麦刈りに追はれむと 言ふ友を かこみてわれら 羨しみ合へり
ニチヨウモ ムギカリニオハレムト イフトモヲ カコミテワレラ トモシミアヘリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.71
【初出】 『形成』 1956.7 雨月 (1)


00649
停年近き 君が絵を習ひ 始めたり ポンカンを描くと 聞けばゑましさ
テイネンチカキ キミガエヲナラヒ ハジメタリ ポンカンヲカクト キケバヱマシサ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.72
【初出】 『形成』 1956.7 雨月 (9)


00650
フローラを 住まはしむれば たのしかり 日々フレームの 花覗きつつ
フローラヲ スマハシムレバ タノシカリ ヒビフレームノ ハナノゾキツツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.72
【初出】 『短歌』 1956.11 カナダまで (12)


00651
福相を 持つと言はれて 笑ひたり 本当に幸福 なのかも知れぬ
フクソウヲ モツトイハレテ ワラヒタリ ホントウニコウフク ナノカモシレヌ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.72
【初出】 『形成』 1956.6 季春 (12)