さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
帰納して        沖をゆく        くらがりに       竹群の         
疲れつつ        夜更けて        迂闊なる        真実を         
 
 
 

00622
帰納して 得む答へなど 信ぜねど 貝殻は光る 夜の渚に
キノウシテ エムコタヘナド シンゼネド カイガラハヒカル ヨルノナギサニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.62
【初出】 『短歌研究』 1959.4 占象 (6)


00623
沖をゆく 船のあかりに 執しゐし ひととき過ぎて 還るさみしさ
オキヲユク フネノアカリニ シフシヰシ ヒトトキスギテ カエルサミシサ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.62
【初出】 『形成』 1959.5 夕かげ (3)


00624
くらがりに 何踏みて来し わが靴ぞ 脱ぎ捨ててふり 向けば光りぬ
クラガリニ ナニフミテコシ ワガクツゾ ヌギステテフリ ムケバヒカリヌ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.63
【初出】 『短歌研究』 1956.7 背後のこゑ (3)


00625
竹群の 響みにながく 醒めゐしか 思ひめぐらす 詭策も無きに
タカムラノ トヨミニナガク サメヰシカ オモヒメグラス キサクモナキニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.63
【初出】 『形成』 1959.5 夕かげ (4)


00626
疲れつつ 何にかたむく わが心 右舷の窓も いつしか暗し
ツカレツツ ナンニカタムク ワガココロ ウゲンノマドモ イツシカクラシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.63
【初出】 『形成』 1958.10 葉月 (6)


00627
夜更けて 厚く凪ぎゆく 海の面 遠く音なく 雷光わたる
ヨルフケテ アツクナギユク ウミノオモ トオクオトナク ライコウワタル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.64
【初出】 『形成』 1958.10 葉月 (5)


00628
迂闊なる 言葉あやぶみ 聴きゐしが デッキに立てば われより高し
ウカツナル コトバアヤブミ キキヰシガ デッキニタテバ ワレヨリタカシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.64
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (7)


00629
真実を 知りゐることも 負ひめとし 船は近づく 東京の灯へ
シンジツヲ シリヰルコトモ オヒメトシ フネハチカヅク トウキョウノヒヘ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.64
【初出】 『形成』 1959.5 夕かげ (5)