さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
夜行バスの       白樺の         少しづつ        残雪の         
われを呑まむ      凍るとも        落葉松の        枯れ葦の        
 
 
 

00598
夜行バスの 窓より見えて 星かげと 山あひの灯と またたきかはす
ヤコウバスノ マドヨリミエテ ホシカゲト ヤマアヒノヒト マタタキカハス

『不文の掟』(四季書房 1960) p.53
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (1)


00599
白樺の 映れる湖面 乱しつつ 光る日照雨の たちまちに過ぐ
シラカバノ ウツレルコメン ミダシツツ ヒカルソバエノ タチマチニスグ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.53
【初出】 『形成』 1956.7 雨月 (11)


00600
少しづつ ずらし来て今の 平衡ぞ 湖の水の 落ちてゆく音
スコシヅツ ズラシキテイマノ ヘイコウゾ ミズウミノミズノ オチテユクオト

『不文の掟』(四季書房 1960) p.54
【初出】 『短歌研究』 1956.7 背後のこゑ (9)


00601
残雪の ひらたく占むる 窪地あり 去年のすすきの うち伏すなかに
ザンセツノ ヒラタクシムル クボチアリ コゾノススキノ ウチフスナカニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.54
【初出】 『形成』 1956.7 雨月 (10)


00602
われを呑まむ 渦かと怖れ 見し波紋 一瞬にして あとかたもなし
ワレヲノマム ウズカトオソレ ミシハモン イッシュンニシテ アトカタモナシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.54
【初出】 『短歌研究』 1956.7 背後のこゑ (8)


00603
凍るとも 解くるともなし 沢ふかく 残れる雪の 幾かたまりは
コオルトモ トクルトモナシ サワフカク ノコレルユキノ イクカタマリハ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.55
【初出】 『短歌研究』 1956.7 背後のこゑ (10)


00604
落葉松の 芽ぶきの匂ふ 夜の風に 吹きちぎられて ひとり歩めり
カラマツノ メブキノニオフ ヨノカゼニ フキチギラレテ ヒトリアユメリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.55
【初出】 『形成』 1956.5 落花 (4)


00605
枯れ葦の さやぐ音聴けば 乱反射 してゐむ夜の 水面を恋ふ
カレアシノ サヤグオトキケバ ランハンシャ シテヰムヨルノ スイメンヲコフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.55
【初出】 『形成』 1956.4 遠景 (3)