さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
父亡きあと       終戦を         去年よりは       男手を         
田舎に居らば      感情を         接骨木の        解き毛糸        
 
 
 

00590
父亡きあと 苦しめる日も 過ぎゆきぬ 今年は大学を 終へむ妹
チチナキアト クルシメルヒモ スギユキヌ コトシハダイガクヲ オヘムイモウト

『不文の掟』(四季書房 1960) p.50
【初出】 『形成』 1957.3 冬土 (2)


00591
終戦を 知らで逝きしを 語りつつ 慰むか父の 忌の夜の母よ
シュウセンヲ シラデユキシヲ カタリツツ ナグサムカチチノ キノヨノハハヨ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.50
【初出】 『形成』 1956.4 遠景 (6)


00592
去年よりは 心落ちゐる われと思ひ 父の忌の夜の 夕餉に向ふ
コゾヨリハ ココロオチヰル ワレトオモヒ チチノキノヨノ ユウゲニムカフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.51
【初出】 『形成』 1957.3 冬土 (3)


00593
男手を 久しく持たぬ わが家か 抽斗に ドライバーも錆びゐて
オトコデヲ ヒサシクモタヌ ワガイエカ ヒキダシニ ドライバーモサビヰテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.51
【初出】 『形成』 1958.4 春寒 (6)


00594
田舎に居らば 不幸にならずに すみしかと かへらぬことを また母の言ふ
イナカニオラバ フコウニナラズニ スミシカト カヘラヌコトヲ マタハハノイフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.51
【初出】 『形成』 1956.7 雨月 (7)


00595
感情を 押し殺し来て はや二年 夫と住む女性は 見たることなし
カンジョウヲ オシコロシキテ ハヤニネン ツマトスムジョセイハ ミタルコトナシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.52
【初出】 『形成』 1956.3 冬草 (8)


00596
接骨木の 芽ぶきはしるし みづからを せばめて生くる ほかなき日々に
ニハトコノ メブキハシルシ ミヅカラヲ セバメテイクル ホカナキヒビニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.52
【初出】 『形成』 1957.4 浅春 (1)


00597
解き毛糸 蒸す片方より 巻き呉るる 母をたのしまする ことも少なし
トキケイト ムスカタヘヨリ マキクルル ハハヲタノシマスル コトモスクナシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.52
【初出】 『形成』 1959.4 早春 (1)