さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
共に学べる       抗日の         異邦に病む       ソ連圏に        
メーデーの       夜半に聴く       日本の秋を       
 
 
 

00583
共に学べる 寮の幾年 留学生 全が縫ひ呉れし 上衣も古る
トモニマナベル リョウノイクトセ リュウガクセイ ツエンガヌヒクレシ ルパシカモフル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.46
【初出】 『形成』 1957.1 淡水 (1)


00584
抗日の 志捨てぬ 兄のことも 洩らしきたどたど しき日本語に
コウニチノ ココロザシステヌ アニノコトモ モラシキタドタド シキニホンゴニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.46
【初出】 『形成』 1957.1 淡水 (2)


00585
異邦に病む 君を看護りき 譫言の 満州語誰を 呼ぶとも知らず
イホウニヤム キミヲミトリキ ウハゴトノ マンシュウゴタレヲ ヨブトモシラズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.47
【初出】 『形成』 1957.1 淡水 (3)


00586
ソ連圏に のがれゆきて還らぬ 友の住所 空欄となれる 名簿届きぬ
ソレンケンニ ノガレユキテカエラヌ トモノジュウショ クウラントナレル メイボトドキヌ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.47
【初出】 『形成』 1956.11 豫後 (1)


00587
メーデーの 夜に会ひたるが 最後にて 声よく徹る 君と思ひつ
メーデーノ ヨルニアヒタルガ サイゴニテ コエヨクトオル キミトオモヒツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.48
【初出】 『形成』 1956.11 豫後 (2)


00588
夜半に聴く モスクワ放送 コルホーズの 稔りの歌を 前奏として
ヨワニキク モスクワホウソウ コルホーズノ ミノリノウタヲ ゼンソウトシテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.48


00589
日本の秋を 恋ふ日無きまで 満たされて ウクライナにゐむ 友と思はず
ニホンノアキヲ コフヒナキマデ ミタサレテ ウクライナニヰム トモトオモハズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.48
【初出】 『形成』 1956.11 豫後 (3)