さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
昏れぐれの       日傘もつ        噴水の         白い花は        
癒え切らぬ       出まかせを       オルゴオル       音いろの        
家具の持つ       鉄線の         内暗き         
 
 
 

00551
昏れぐれの 蜩のこゑ さまざまの 角度に反響 しつつ静けし
クレグレノ ヒグラシノコヱ サマザマノ カクドニハンキョウ シツツシズケシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.34
【初出】 『形成』 1956.10 ものの音 (7)


00552
日傘もつ 手も左手も 汗ばみて 連れ歩く子の 無きこと淡し
ヒガサモツ テモヒダリテモ アセバミテ ツレアルクコノ ナキコトアハシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.34
【初出】 『形成』 1956.1 湖心 (3)


00553
噴水の 光れる木蔭 白きベンチ いづくにあらむ とも知らず恋ふ
フンスイノ ヒカレルコカゲ シロキベンチ イヅクニアラム トモシラズコフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.35
【初出】 『形成』 1956.10 ものの音 (3)


00554
白い花は みんな匂ふさと 背後のこゑ 手折らむとして 立ち竦みたり
シロイハナハ ミンナニオフサト ハイゴノコヱ タヲラムトシテ タチスクミタリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.35
【初出】 『短歌研究』 1956.7 背後のこゑ (17)


00555
癒え切らぬ 身かと日傘を 持ち直す 渡されしキャベツ 手に重たくて
イエキラヌ ミカトヒガサヲ モチナオス ワタサレシキャベツ テニオモタクテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.35
【初出】 『短歌』 1956.11 カナダまで (10)


00556
出まかせを 言ふ少女よと 危ぶむに ひらり自転車に 乗りて帰りゆく
デマカセヲ イフオトメヨト アヤブムニ ヒラリジテンシャニ ノリテカエリユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.36
【初出】 『形成』 1956.5 落花 (2)


00557
オルゴオル のべつに鳴らし 隣室の 人ももてあます らむかこの夜を
オルゴオル ノベツニナラシ リンシツノ ヒトモモテアマス ラムカコノヨヲ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.36
【初出】 『短歌』 1956.11 カナダまで (11)


00558
音いろの 違ふ風鈴 部屋をへだてて さながら二つ 鳴ることのあり
ネイロノ チガフフウリン ヘヤヲヘダテテ サナガラフタツ ナルコトノアリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.36
【初出】 『短歌』 1956.11 カナダまで (4)


00559
家具の持つ 直線の規矩に 安らぎて まどろみゆけり 注射のあとを
カグノモツ チョクセンノキクニ ヤスラギテ マドロミユケリ チュウシャノアトヲ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.37
【初出】 『形成』 1956.11 豫後 (4)


00560
鉄線の 花一つづつ かき消えて 醒めし夢如何に 卜部は解かむ
テッセンノ ハナヒトツヅツ カキキエテ サメシユメイカニ ウラベハトカム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.37
【初出】 『短歌』 1958.7 夢うら (3)


00561
内暗き 硝子窓ゆゑ 夜もすがら 映しゐたらむ 遠き灯かげも
ウチクラキ ガラスマドユヱ ヨモスガラ ウツシヰタラム トオキホカゲモ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.37
【初出】 『形成』 1958.6 灯かげ (6)