さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
寂しくなれば      風景畫の        時雨過ぎて       褐色の         
カルメンの       
 
 
 

00482
寂しくなれば 花など買ひて 訪るる 友ひとり住む 丘のアトリエ
サビシクナレバ ハナナドカヒテ オトズルル トモヒトリスム オカノアトリエ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.190
【初出】 『朱扇』 1950.11 風媒花 (4)


00483
風景畫の 描きさしのある 窓の邊に 友は疲れて まどろみゐたり
フウケイガノ カキサシノアル マドノベニ トモハツカレテ マドロミヰタリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.190
【初出】 『朱扇』 1950.11 風媒花 (5)


00484
時雨過ぎて 木の間滴する 夕つ方 ゴッホ畫集を 借りて歸りぬ
シグレスギテ コノマシズクスル ユウツカタ ゴッホガシュウヲ カリテカエリヌ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.191
【初出】 『朱扇』 1950.11 風媒花 (6)


00485
褐色の 畫面にてアネモネの 赤き繪の具 匂ひゐたるを 歸途にし思ふ
カッショクノ ガメンニテアネモネノ アカキエノグ ニオヒヰタルヲ キトニシオモフ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.191
【初出】 『朱扇』 1951.5 女 (1)


00486
カルメンの やうな女と 言はれつつ 寂しき性の 友と知るなり
カルメンノ ヨウナオンナト イハレツツ サビシキサガノ トモトシルナリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.191