さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
夜の間も        バス降りて       對岸の         本あまた        
卵一つ         無名作家の       待つ手紙        
 
 
 

00464
夜の間も 人生は流れる ものをとて 讀書に更かす 夫にわれも縫ふ
ヨルノマモ ジンセイハナガレル モノヲトテ ドクショニフカス ツマニワレモヌフ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.183
【初出】 『朱扇』 1950.6 世相 (5)


00465
バス降りて 十字路をよぎり 來る君よ 夕陽の中の われに手あげて
バスオリテ ジュウジロヲヨギリ クルキミヨ ユウヒノナカノ ワレニテアゲテ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.183
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (1)


00466
對岸の 家にも明るき 灯はともる 何時までならむ かかる平和も
タイガンノ イエニモアカルキ ヒハトモル イツマデナラム カカルヘイワモ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.184
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (2)


00467
本あまた 枕べに積みて 臥す君が 注射せし痕の 痛みを告ぐる
ホンアマタ マクラベニツミテ フスキミガ チュウシャセシアトノ イタミヲツグル

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.184
【初出】 『朱扇』 1951.1 身邊抄 (2)


00468
卵一つ 孔あけて吸ふ しぐさにも しみじみ長き 君の病ひよ
タマゴヒトツ アナアケテスフ シグサニモ シミジミナガキ キミノヤマヒヨ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.184
【初出】 『朱扇』 1951.1 身邊抄 (1)


00469
無名作家の まま終るとも ながく生きよと 希ふを君も 知り給ふべし
ムメイサッカノ ママオエルトモ ナガクイキヨト ネガフヲキミモ シリタマフベシ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.185
【初出】 『朱扇』 1951.6 麥若葉 (4)


00470
待つ手紙 今日こそは來む かがよひて 麥の若葉を 吹く風のあり
マツテガミ キョウコソハコム カガヨヒテ ムギノワカバヲ フクカゼノアリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.185
【初出】 『朱扇』 1951.6 麥若葉 (10)