さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
明日は明日の      手術後の        自我強く        子らのため       
病室の         冬となる日々      集め毛糸の       働きつつ        
急に廣場に       
 
 
 

00384
明日は明日の 風が吹くとふ 言葉あり 氷嚢を替へつつ 涙にじみ來
アスハアスノ カゼガフクトフ コトバアリ ヒョウノウヲカヘツツ ナミダニジミク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.151
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (1)


00385
手術後の 眠りにおちし 母の顏 生えぎはにうすく 汗はにじめり
シュジュツゴノ ネムリニオチシ ハハノカオ ハエギハニウスク アセハニジメリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.151
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (2)


00386
自我強く 生き來し母よ 枕邊に 入れ齒をおきて 眠り給へり
ジガツヨク イキコシハハヨ マクラベニ イレバヲオキテ ネムリタマヘリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.152
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (3)


00387
子らのため 殘し來し財の 盡きなむを 氣にかけています ことも知りたり
コラノタメ ノコシコシザイノ ツキナムヲ キニカケテイマス コトモシリタリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.152
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (4)


00388
病室の 窓に今朝啼く 百舌の聲を 聽かすすべもなし 耳病む母に
ビョウシツノ マドニケサナク モズノコエヲ キカススベモナシ ミミヤムハハニ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.152
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (5)


00389
冬となる日々 ながく病院に 通ふべき 母のため今宵も 脚絆編みつぐ
フユトナルヒビ ナガクビョウインニ カヨフベキ ハハノタメコヨイモ キャハンアミツグ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.153
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (6)


00390
集め毛糸の 脚絆なれども はきて見つつ 母の目に光る 涙を見たり
アツメケイトノ キャハンナレドモ ハキテミツツ ハハノメニヒカル ナミダヲミタリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.153
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (7)


00391
働きつつ 貧しき日々よ 棄てばちの 生き方のふと 美しく見ゆ
ハタラキツツ マズシキヒビヨ ステバチノ イキカタノフト ウツクシクミユ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.153
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (8)


00392
急に廣場に 出づるが如き ことなきか 暗く貧しき 日々が續くも
キュウニヒロバニ イヅルガゴトキ コトナキカ クラクマズシキ ヒビガツヅクモ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.154
【初出】 『朱扇』 1952.12 病院にて (9)