さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
諦めて         池の面に        言ひ譯のみ       風媒花の        
色褪せし        とげ含む        あさはかに       若きわれには      
隣りの主婦に      安らひもなく      強ひられし       われの重荷と      
誕生石を        霧深き         
 
 
 

00327
諦めて 別るるすべも 得られむと ひとり來し旅の 空に虹見つ
アキラメテ ワカルルスベモ エラレムト ヒトリコシタビノ ソラニニジミツ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.129
【初出】 『朱扇』 1950.9 旅情 (1)


00328
池の面に 白鳥下りて 浮かぶ日よ 別れむと決めし 安らぎにをり
イケノモニ ハクチョウオリテ ウカブヒヨ ワカレムトキメシ ヤスラギニヲリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.129
【初出】 『朱扇』 1950.9 旅情 (3)


00329
言ひ譯のみ する生活に 疲れゆく 嫁とふ位置に われ慣れがたし
イヒワケノミ スルセイカツニ ツカレユク ヨメトフイチニ ワレナレガタシ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.130
【初出】 『朱扇』 1950.9 旅情 (4)


00330
風媒花の ごとくはかなしと いふ便り 嫁ぎゆく友も 寂しかるらし
フウバイカノ ゴトクハカナシト イフタヨリ トツギユクトモモ サビシカルラシ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.130
【初出】 『朱扇』 1950.11 風媒花 (1)


00331
色褪せし 造花も翳を もつ夕べ 歸り來て坐れば しみじみ寒し
イロアセシ ゾウカモカゲヲ モツユウベ カエリキテスワレバ シミジミサムシ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.130
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (4)


00332
とげ含む 言葉なりしことも 思ひ出づ 夕べ歸り來て 炭出しにつつ
トゲフクム コトバナリシコトモ オモヒイヅ ユウベカエリキテ スミダシニツツ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.131
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (5)


00333
あさはかに 振舞ふゆゑか 獨り身と 思はれ易き ことも寂しも
アサハカニ フルマフユヱカ ヒトリミト オモハレヤスキ コトモサビシモ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.131
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (6)


00334
若きわれには 待つ幸福も あるならむ 涙もろくのみ なります母よ
ワカキワレニハ マツシアハセモ アルナラム ナミダモロクノミ ナリマスハハヨ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.131
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (10)


00335
隣りの主婦に 貸ししそこばくの 金額を 氣にかけています 母も貧しく
トナリノシュフニ カシシソコバクノ キンガクヲ キニカケテイマス ハハモマズシク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.132
【初出】 『朱扇』 1952.3 狭山紀行 (13)


00336
安らひもなく 老いゆく母ぞ ふと來世を 信ずる如き 言葉を洩らす
ヤスラヒモナク オイユクハハゾ フトライセヲ シンズルゴトキ コトバヲモラス

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.132


00337
強ひられし 謝罪の手紙 書くを見て 嫁がせしことを 母はまた歎く
シヒラレシ シャザイノテガミ カクヲミテ トツガセシコトヲ ハハハマタナゲク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.132


00338
われの重荷と なるを怖るる 母と知る 藥草も摘み ためて居給ふ
ワレノオモニト ナルヲオソルル ハハトシル ヤクソウモツミ タメテイタマフ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.133
【初出】 『朱扇』 1951.4 夢 (8)


00339
誕生石を ちりばめし指環も 今はなく 獨りの母も 老い給ひたり
タンジョウセキヲ チリバメシユビワモ イマハナク ヒトリノハハモ オイタマヒタリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.133
【初出】 『朱扇』 1950.11 風媒花 (7)


00340
霧深き ロンドンの街を ゆける夢 さめて寂しも 身の冷えてをり
キリフカキ ロンドンノマチヲ ユケルユメ サメテサビシモ ミノヒエテヲリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.133
【初出】 『朱扇』 1951.3 寒き灯 (9)