さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
ただ一人        傀儡の         背景が         あたたかく       
張り合ひて       
 
 
 

00322
ただ一人 朴訥にわれに 同意せし 蓬髪を思ふ 會終へて來て
タダヒトリ ボクトツニワレニ ドウイセシ ホウハツヲオモフ カイオヘテキテ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.127
【初出】 『形成』 1953.8 夜の雨 (1)


00323
傀儡の 如き立場を 歎く友も 敎職には歸りたく なしと言ひたり
カイライノ ゴトクタチバヲ ナゲクトモモ キョウショクニハカエリタク ナシトイヒタリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.127
【初出】 『形成』 1953.10 職掌 (1)


00324
背景が もの言ふ世界と 思ひつつ たまりし官報を 一人綴ぢをり
ハイケイガ モノイフセカイト オモヒツツ タマリシカンポウヲ ヒトリトヂヲリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.128
【初出】 『形成』 1953.10 職掌 (3)


00325
あたたかく 心觸れ合ふ こともなく 今日も暮れて事務所の 窓を閉ぢゆく
アタタカク ココロフレアフ コトモナク キヨウモクレテジムショノ マドヲトヂユク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.128
【初出】 『形成』 1953.10 職掌 (4)


00326
張り合ひて 生くることにも 疲れ果つ 勤め辭めむ日を 描く秘かに
ハリアヒテ イクルコトニモ ツカレハツ ツトメヤメムヒヲ エガクヒソカニ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.128
【初出】 『形成』 1953.6 あけくれ (5)