さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
満ち足れる       羽振りよき       北の故郷に       幾日も         
マルキストの      辛うじて        われを詰りて      姿勢崩さず       
 
 
 

00314
満ち足れる 如く思はせ 來しことも 負擔となりつ 母と對へば
ミチタレル ゴトクオモハセ コシコトモ フタントナリツ ハハトムカヘバ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.124
【初出】 『形成』 1954.2 母 (5)


00315
羽振りよき 隣家を羨めど 商ひなど 所詮なし得ずと 知りをり母も
ハブリヨキ リンカヲウラヤメド アキナヒナド ショセンナシエズト シリヲリハハモ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.124
【初出】 『形成』 1954.2 母 (6)


00316
北の故郷に 住みて死にたしと 思ひいます 母と知れど誰も 觸るることなし
キタノフルサトニ スミテシニタシト オモヒイマス ハハトシレドダレモ フルルコトナシ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.125
【初出】 『形成』 1954.2 母 (9)


00317
幾日も かけて縫ひやりし 半コート 妹は今日 着て見せに來ぬ
イクニチモ カケテヌヒヤリシ ハーフコート イモウトハキョウ キテミセニコヌ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.125
【初出】 『形成』 1953.5 風の音 (4)


00318
マルキストの 友持ちて苦しむ 妹に ピアノ買はむ夢など あるが笑ましき
マルキストノ トモモチテクルシム イモウトニ ピアノカハムユメナド アルガエマシキ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.125
【初出】 『形成』 1954.2 母 (11)


00319
辛うじて 辻褄を合はせ ゐし心 亂されぬ汝の 詮索に遇ひて
カロウジテ ツジツマヲアハセ ヰシココロ ミダサレヌナレノ センサクニアヒテ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.126
【初出】 『形成』 1954.2 母 (12)


00320
われを詰りて 歸りゆきしが この月夜 汝も寂しく 歩みてをらむ
ワレヲツマリテ カエリユキシガ コノツキヨ ナレモサビシク アユミテヲラム

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.126
【初出】 『形成』 1954.2 母 (13)


00321
姿勢崩さず 生きたしと思ひ 涙出づ 風募る夜半を 一人覺めゐて
シセイクズサズ イキタシトオモヒ ナミダイヅ カゼツノルヨワヲ ヒトリサメヰテ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.126
【初出】 『朱扇』 1952.3 狭山紀行 (6)