さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
果たし得ざりし     妹と          「美田は買はず」    檢察官として      
三十年間の       夜更かして       
 
 
 

00251
果たし得ざりし 學問を汝こそ 遂げよとぞ 言ひ遺せる父の忌は まためぐり來ぬ
ハタシエザリシ ガクモンヲナンジコソ トゲヨトゾ イヒノコセルチチノキハ マタメグリコヌ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.99


00252
妹と 母の待ちゐむ 父の忌に 菜の花あまた 買ひて歸らむ
イモウトト ハハノマチヰム チチノキニ ナノハナアマタ カヒテカエラム

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.99
【初出】 『形成』 1955.4 残夢 (12)


00253
「美田は買はず」 と言ひて遊學 させくれし 父を思ふ今宵の 忌に歸り來て
ビデンハカハズ トイヒテユウガク サセクレシ チチヲオモフコヨイノ キニカエリキテ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.100


00254
檢察官として 苦しみし父か 資本主義の 矛盾が犯罪を生むことも 子には説きにき
ケンサツカントシテ クルシミシチチカ シホンシュギノ ムジュンガハンザイヲウムコトモ コニハトキニキ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.100


00255
三十年間の 捜査記録綴らむ 餘生を父は 樂しみゐしが 俄かに逝きぬ
サンジュウネンカンノ ソウサキロクツヅラム ヨセイヲチチハ タノシミヰシガ ニワカニユキヌ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.100


00256
夜更かして 語り盡きずシャーロック・ ホームズと 謳はれつつ貧しかりし 父の思ひ出
ヨフカシテ カタリツキズシャーロック ホームズト ウタハレツツマズシカリシ チチノオモヒデ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.101