さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
一生賭けむと      「悲愴ソナタ」     われに彈かせては    コンクール目指して   
急速度の        何を至上と       さまざまに       
 
 
 

00200
一生賭けむと ピアノに凝りゐし 日は遠し 練習曲のふしを ふと吟む
ヒトヨカケムト ピアノニコリヰシ ヒハトオシ エチュードノフシヲ フトクチズサム

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.79
【初出】 『形成』 1954.10 去来 (5)


00201
「悲愴ソナタ」 彈くべき卒業 演奏も 中止されにき かの空爆下
ヒソウソナタ ヒクベキソツギョウ エンソウモ チュウシサレニキ カノクウバクカ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.79
【初出】 『短歌』 1954.11 古き樂譜 (9)


00202
われに彈かせては 歌ひゐしソプラノ 動亂の 朝鮮に歸りて ゆくへは知れず
ワレニヒカセテハ ウタヰシソプラノ ドウランノ チョウセンニカエリテ ユクヘハシレズ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.80
【初出】 『形成』 1954.10 去来 (7)


00203
コンクール目指して 競ひし友も 今は亡し 秋めく陽ざしに 樂譜を曝す
コンクールメザシテ キソヒシトモモ イマハナシ アキメクヒザシニ ガクフヲサラス

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.80
【初出】 『形成』 1954.10 去来 (8)


00204
急速度の 終樂章を幾夜 彈きあぐみ 秘かに哭きし ことも思ほゆ
キュウソクドノ コーダヲイクヤ ヒキアグミ ヒソカニナキシ コトモオモホユ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.80
【初出】 『形成』 1954.10 去来 (6)


00205
何を至上と 信じけむ身ぞ 惜しまれし ピアノも遂に やめて嫁げり
ナニヲシジョウト シンジケムミゾ オシマレシ ピアノモツイニ ヤメテトツゲリ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.81
【初出】 『短歌』 1954.11 古き樂譜 (10)


00206
さまざまに 試みては挫け ひとすぢに 遂に徹らぬ いのちかと思ふ
サマザマニ ココロミテハクジケ ヒトスヂニ ツイニトオラヌ イノチカトオモフ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.81
【初出】 『形成』 1954.10 去来 (9)