さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
いづくにか       感化院を        亡き母を        子供の園を       
小鳥飼育の       黄のインコを      まぎれ入りし      巣ごもれる       
 
 
 

00184
いづくにか 虹かかりゐむ 通り雨の 過ぎて陽はわが 枕べにさす
イヅクニカ ニジカカリヰム トオリアメノ スギテヒハワガ マクラベニサス

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.73
【初出】 『形成』 1955.1 微雨 (1)


00185
感化院を 出で來るといふ 少年を あたたかく待つ かの家なれよ
カンカインヲ イデクルトイフ ショウネンヲ アタタカクマツ カノイエナレヨ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.73
【初出】 『形成』 1955.5 春寒 (1)


00186
亡き母を 忘れ得ず家を ぬけ出でては 罪累ねたる 白痴少年
ナキハハヲ ワスレエズイエヲ ヌケイデテハ ツミカサネタル ハクチショウネン

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.74
【初出】 『形成』 1955.5 春寒 (2)


00187
子供の園を 創らむとせし 初代館長の 遺物のロッヂに今も インコは飼はる
コドモノソノヲ ツクラムトセシ ショダイカンチョウノ イブツノロッヂニイマモ インコハカハル

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.74
【初出】 『形成』 1955.6 風聞 (3)


00188
小鳥飼育の 役持つ少女 時間となれば エプロンかけて 園に出でゆく
コトリシイクノ ヤクモツショウジョ ジカントナレバ エプロンカケテ ソノニイデユク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.74
【初出】 『形成』 1955.6 風聞 (4)


00189
黄のインコを 掌にとまらせて 佇つ少女 ヴェロニカの像を ふとわが思ふ
キノインコヲ テニトマラセテ タツショウジョ ヴェロニカノゾウヲ フトワガオモフ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.75
【初出】 『形成』 1955.6 風聞 (5)


00190
まぎれ入りし 野生小雀も インコらと 共に少女は 育てむとする
マギレイリシ ヤセイコガラモ インコラト トモニショウジョハ ソダテムトスル

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.75
【初出】 『形成』 1955.5 春寒 (6)


00191
巣ごもれる 幾組のインコ 夜の貨車の 音にめざめて 一しきり鳴く
スゴモレル イククミノインコ ヨノカシャノ オトニメザメテ ヒトシキリナク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.75
【初出】 『形成』 1955.6 風聞 (6)