さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
耳遠き         母の愛情に       母の心配を       せめて最後の      
學寮を         
 
 
 

00165
耳遠き 母も漸く 住み慣れて 坂くだり買ひ物に ゆくを樂しむ
ミミトオキ ハハモヨウヤク スミナレテ サカクダリカイモノニ ユクヲタノシム

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.65
【初出】 『形成』 1955.6 風聞 (8)


00166
母の愛情に 縛られると洩らす 妹の 肩に垂るる髪 切り揃へやる
ハハノアイジョウニ シバラレルトモラス イモウトノ カタニタルルカミ キリソロエヤル

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.65
【初出】 『形成』 1955.6 風聞 (7)


00167
母の心配を うとむ言葉われに 囁きて 夕方より圖書館に 出でゆく妹
ハハノシンパイヲ ウトムコトバワレニ ササヤキテ ユウガタヨリトショカンニ イデユクイモウト

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.66
【初出】 『形成』 1955.4 残夢 (13)


00168
せめて最後の 學年は働かずに 學ばせたし 夜更かして妹は 英詩を譯す
セメテサイゴノ ガクネンハハタラカズニ マナバセタシ ヨフカシテイモウトハ エイシヲヤクス

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.66
【初出】 『形成』 1955.4 残夢 (14)


00169
學寮を あばく記事讀みゐて 渇ける目 持てる記者よと 妹の言ふ
ガクリョウヲ アバクキジヨミヰテ カワケルメ モテルキシャヨト イモウトノイフ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956) p.66
【初出】 『形成』 1955.4 残夢 (15)