さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

まぼろしの椅子

 
亂されぬ        不満の種を       窓際の         慢心して        
われ次第にて      妹の          物音も         ペパーミントも     
明日は來む       寂しさを        
 
 
 

00045
亂されぬ 理路を信じて 生き得るや 髪とかしつつ 朝より疲る
ミダサレヌ リロヲシンジテ イキウルヤ カミトカシツツ アサヨリツカル

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.18
【初出】 『形成』 1955.11 秋深む (5)


00046
不満の種を つねに探し來る ごとき君 語り終るを 待ちつつ寂し
フマンノタネヲ ツネニサガシクル ゴトキキミ カタリオワルヲ マチツツサビシ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.18
【初出】 『形成』 1955.11 秋深む (6)


00047
窓際の 焜爐にひねもす 湯はたぎる 異動期過ぎて靜かに なれる事務室
マドギワノ コンロニヒネモス ユハタギル イドウキスギテシズカニ ナレルジムシツ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.19
【初出】 『形成』 1955.10 推移 (4)


00048
慢心して ゐしかと寂し 刷り上れる パンフレットの誤植 數へゆきつつ
マンシンシテ ヰシカトサビシ スリアガレル パンフレットノゴショク カゾヘユキツツ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.19
【初出】 『形成』 1955.10 推移 (5)


00049
われ次第にて 明るくも暗くも なる職場と 思ふ或る日は 負ひめの如く
ワレシダイニテ アカルクモクラクモ ナルショクバト オモフアルヒハ オヒメノゴトク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.19
【初出】 『短歌』 1956.7 まぼろしの椅子・その後 (48)


00050
妹の 届けくれし木犀 匂ふ部屋 假名習はむと 墨をすりゆく
イモウトノ トドケクレシモクセイ ニオフヘヤ カナナラハムト スミヲスリユク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.20
【初出】 『形成』 1955.11 秋深む (1)


00051
物音も たてぬ一日と 寂しめり 木犀の花夜の 卓にこぼるる
モノオトモ タテヌヒトヒト サビシメリ モクセイノハナヨノ タクニコボルル

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.20


00052
ペパーミントも 買ひたり來よと 書く便り 慰められたきは われかも知れず
ペパーミントモ カヒタリコヨト カクタヨリ ナグサメラレタキハ ワレカモシレズ

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.20


00053
明日は來む 友ら思ひつつ 眠る前 匂ふカルキに ふきんを晒す
アスハコム トモラオモヒツツ ネムルマエ ニオフカルキニ フキンヲサラス

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.21
【初出】 『形成』 1955.10 推移 (1)


00054
寂しさを うつされて歸る 君と思ひ 遠ざかりゆく 足音を聽く
サビシサヲ ウツサレテカエル キミトオモヒ トオザカリユク アシオトヲキク

『まぼろしの椅子』(新典書房 1956.4) p.21
【初出】 『形成』 1955.10 推移 (2)