さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

日々の手記・和歌・文集思ひ出のまゝ

日々の手記/和歌/鄙の秋・春紀行

和歌(NOTEBOOK)

幼きを語らふ父の言の葉を無二の諭しと頭べ垂れつる
嵐吹く今宵の雨よそれに似て悩み逆巻く心なるかな
ほゝゑみを奪ひし去年の汽車のごと今また追ひぬ五時半の汽車
吾を慕ひ吾が後追ひて歌ひ耒る歌のみ響く夕山路かな
ためらひて寄り耒るもせで遠方の芽含む樹蔭に歌ふ君かや