さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

日々の手記・和歌・文集思ひ出のまゝ

日々の手記/和歌/鄙の秋・春紀行

和歌(NOTEBOOK)

旅立ちし昨夜の君の言の葉を涙まじりに友は語りぬ
かくの如と悲しき人を後にして旅立ちし人の心知られず
一度征き歸るはいつぞと語りつゝいつしか友の瞳うるめり
大陸の讃への歌に送られて君征きませ志夜を忘れず
歸り耒ぬ思ひと君の生くる夜なりたゞひそけさに血潮鳴りつゝ