さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

日々の手記・和歌・文集思ひ出のまゝ

日々の手記/和歌/鄙の秋・春紀行

日々の手記

 何事の憂ひとてなし父母の許心ゆるかに騒ぎ暮らせば
 余りにも暖かき一日振り見つゝふと又開くなりはひ思ふことあり
 夢を見し昨日までの日さめぬれば夢に迷へる愚かしまかや
 あゝ吾や何を迷ふか唯一なる望みの光忘れもせぬに
 故里の家の軒端の雪の山朝路に立てる吾見下して
 夢のごとふるさとの日は短かけれ休みもはや半ばすぎたり
 暖き一日を思ひ見つゝふとやがて山々冷き宿を思ふことあり