さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

日々の手記・和歌・文集思ひ出のまゝ

日々の手記/和歌/鄙の秋・春紀行

日々の手記

 小夜更けに目覺めてきゝぬ静かなる時の流れのその水の音を
 
 雪に更けし道を行く人哀れげに歌をくちずさむ音離りけり
 古里に和やけし身は故知らず憂き寝の旅の宿の恋しむ
 城あとに上るる等あり雪深きそれにもまさる我が愁らかや