さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

歌稿(五十音順)

大西民子歌稿

[ら~ろ・わ]

ろーそくを立てゝ卑屈にくゞまり居る厨まで響く客と夫の声    ※
蝋の火の静かに二本燃えてゐる霊安室はいづこも同じ
ローランサン見に誘はれて年を経ぬ今朝も行くらむ急行あずさ
六月の末の日の雨降りやまず去年の茅の輪の日も雨なりき
六十万人の人がつどひて見しといふ三万発の海の花火を
露地ものの三ツ葉と言へり根元まで青く短く野生匂はす
ロビン、ロビン英語のはじめに習ひたるスペル思へば優しくなりぬ