さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

初期の手作り歌集等

初期の手作り歌集

『17 歌集 春のゆき』

晝よりははかなき窓の明るみに照らされてふるはるのよの雪
吹き入りてわが髪に肩に散りかゝる雪はやさしもとけてあとなき
春雪のたかりてまへばわが夢もひとゝきをげる華やぎにける
きらゝなるゆめもちてはるをあこがれし少めの日はもはるけかるなり
むろ咲きの菜の花の床にかゞやくを見やりつゝげにはるは待たるゝ
よみさしのマルサス論の横文字にまたたちかへるまよのしづけさ
さよふけるふとめざめつゝはゝそははよひかりの吾をわびておはすらんよ