さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

初期の手作り歌集等

初期の手作り歌集

『8 春愁の曲 歌の集』

やるべなきいとの乱れやあゝシヨパン悲願一途(づ)にあやかれる子に
稍緩綜(ポコ・ロール)韻(ひゞき)もつれてわが日毎ひくそはかなしシヨパンにあらぬか
わが弾けばキイはもつれてア・テンポ今日もむなしくシヨパンに暮れぬ
きほひたつこゝろにあらねアンダンテ夜想の曲はもつれもあらず
淡(あは)き黄(きい)ゆたかに咲ける八重(やへ)薔薇(さうび)かはたれの霧にまぎれて手折りぬ
くらがりにほの/゛\浮きて野いばらは逝くはる風に纖く揺れつゝ
灯もさゝぬ翳の深きにをのゝけるのいばらの花よ夕ぐれ爛けぬ(た)