高根沢町図書館/高根沢町史ほか

上の原遺跡出土土器3Dビューア

火炎系


火炎系

キャリパー状の深鉢形土器である。大小2個の把手(とって)を対置し、胴部との境には3条の沈線を横走させる。把手間のほぼ中央部に隆線で楕円形を施し、左側把手から隆線で楕円形下部に継ぎ、楕円形の頂部から隆線で右把下に渦巻文を施し、これを主モチーフとして、隆線を境に上部は縦位、斜行した沈線で埋め、下部は横位、斜行した沈線で埋める。胴部の縄文は地文である。
[3Dビューア] 火炎系  (目録)
 
(出典)栃木県高根沢町上の原遺跡 昭和56年10月 日本窯業史研究所