高根沢町図書館/高根沢町デジタルミュージアム

上の原遺跡出土土器3Dビューア

浄法寺タイプ


浄法寺タイプ

キャリパー状の深鉢形土器である。口辺部は大小2個の把手(とって)を対置し、隆線によりS字状、弧状、その接合点はX字状を示し、これを核として周辺を複弧文を充鎮する。胴部は3条1組、蛇行の懸垂文を交互に6単位づつ施し、12割とする。胴部地文は縄文で、底は網代痕を施す。
[3Dビューア] 浄法寺タイプ  (目録)
 
(出典)栃木県高根沢町上の原遺跡 昭和56年10月 日本窯業史研究所