高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第九章 言語伝承―耳の文芸―

第一節 水と伝説

三 おっかな渕

   昔、鬼怒川の支流が豊かに流れていたころ、中阿久津の富士見坂下にあった大きな沼を、通称「おっかな渕」と言っていた。沼のほとりに生えていた大きな松の木に、これまた大きな青大将がいつもとぐろを巻いていたので、誰言うともなく「おっかな渕」と呼んだ。
               (『高根沢郷土誌』・菊地重雄・野中祥司)

図4 今は田んぼになったが、大蛇伝説が残るおっかな渕のあと(中阿久津)