高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第八章 民俗芸能

第三節 お囃子

一 屋台囃子

(四)東町のお囃子

1 南区のお囃子

 笛一、鉦一、太鼓(中付け三・外付け三・大胴二)八の計一〇名で演奏する。
 演目は五段囃子で、エドワカ、ショウデン、カンダマル、カマクラ、シチョウメである。始めのエドワカには、大切・小切・新切の三つの切り刻乱調子が含まれ、最後のシチョウメは「オクリ」という変調子がある。シチョウメから一番目のエドワカに戻る時には、「ミンバ」が入り移って行く。