高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第八章 民俗芸能

第三節 お囃子

一 屋台囃子

(三)宝積寺地区のお囃子

2 中組のお囃子

 現在、会員は女性一名を含む七名である。演奏には笛一、鉦一、大太鼓一、小太鼓二(中付け一・上付け一)の五人で行う。
 演目は、シンバヤシ、ショウデン、カンダ、カマクラ、シチョウメの五段囃子で、五段物あるいは段物といわれるものである。
 前記の曲目の外に、ツヅミバヤシ(鼓囃子)がある。この曲は前述の楽器にさらに鼓が二つ加わり、オカザキ(岡崎)・ヤグルマ(矢車)・アイのヤマ(愛の山)の三曲がある。この鼓囃子は、屋台の運行が止って休憩する時間帯に演奏する曲で、ゆったりと落ちついた曲調で、見物客にじっくりとお囃子を聴かせる曲で、演奏者が腕前を発揮する曲である。