高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第七章 人の一生

第六節 葬送

五 死の予兆と葬送に関する俗信 

 死の予兆として町内に広く言われているものに、「カラス鳴きが悪いと人が死ぬ。」というものがある。こういうときのカラスの鳴き声は普段の日と違い、カラカラと鳴くといい、また、いくらカラスがたくさん鳴いていても、葬式を出す家の者にはその鳴き声は聞こえず、まわりの家だけが聞こえるものだともいった。
 他に墓場で転ぶと死ぬから気をつけろとか、死人に足を引っ張られて長生きできないともいった。