高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第七章 人の一生

第六節 葬送

四 神葬祭

 葬列の役割には、サキタイマツ、オオタチモチ、オオサカキ、タマグシ、メイキ、オオノボリ、タカハリ、ホコ、などがあった。また、仏式のときに鳴らす鉦などのかわりに、神式ではイテンラク(越天楽)が演奏された。イテンラクは七人で演奏され、シチリキ、ショウ、フエなどがあり、かつてはそれを演奏する組が作られていた。
 オオタチモチは、亡くなった人の上に置いた刃物を持って葬列に参加する役。ホコは、六尺くらいの竹の先に木で作った刃先をつけたものである。メイキは紅白の旗のことをいった。