高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第七章 人の一生

第一節 出産

三 出産後

 産婦には血のケガレがあり、それはさまざまなものを介して他の人にもうつるという俗信から、産婦にはこのケガレを他にうつすことがないようにするための、さまざまな禁忌が言い伝えられている。
 
 ・出産後二一日間は産室から外に出てはいけない。陽にあたってもいけない。
 ・出産してすぐの女性が味噌炊きを手伝うと、作った味噌がかびてしまう。
 ・産婦の衣類は母屋の背後の庭に陰干しし、太陽の光りにあててはいけない。
 ・出産のときに使った布団は、陽にあててはいけない。表に干すときは藁の束を二、三束布団の上にかけた。
 
 また、夫を含めた禁忌としては、
 
 ・出産後一〇〇日は夫と同じ部屋で寝てはいけない。
 ・産婦の夫は、神社の鳥居を産後二一日間はくぐってはいけない。
 ・産後二一日間は、その家は庚申様や三夜様のヤドにはなれない。
 
などといわれている。