高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第七章 人の一生

第一節 出産

〔出産〕

 「出産は女の大厄」といわれるように、女性にとって妊娠出産は、新しい生命を宿しこの世に生み出すという大きな喜びの過程であるとともに、医療技術が充分に発達していなかった頃においては、自身の命も奪われかねない大きな危険と隣り合わせの人生における一大事でもあった。そのため、妊娠出産における節目においては、さまざまな災厄を引き起こす要因を取り除き、妊婦や胎児が神仏からの加護を受けて無事であるように願いを込めた儀礼や禁忌が伝承されている。