高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第六章 年中行事

第四節 秋から冬の行事

三 冬を迎える

 二月八日のコトハジメ(事始め)に対する日で、十二月八日をコトジマイ(事終い)という。行事の内容は、二月八日とほぼ同じで、竹竿の先にメカイ籠をかぶせ母屋の軒先に掲げたり、蕎麦がきを作って門柱に塗ったりする。ただし、笹神様は二月八日では母屋の前に作ったのに対し、一二月八日の場合は母屋の裏に作る。また、この日二月八日と同じように、女性たちが針供養をするところもある。