高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第五章 信仰

第八節 寺院の由来と祭り

一 寺院の由来

(三)曹洞宗の寺院

 地蔵寺は花岡にあり、天竜山と号し曹洞宗通幻派で、本尊は地蔵菩薩である。天文年間(一五三二~一五五五)に宇都宮の成高寺一二世の日州順朔和尚が開山した。古くは風近寺と称し、関俣(花岡東上組)にあって、宇都宮公綱の家臣岡本和泉守の菩提所であったという。宝暦年間(一七五一~一七六四)に現在地に移って地蔵寺と称した。