高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第五章 信仰

第八節 寺院の由来と祭り

一 寺院の由来

(一)真言宗の寺院

 広蔵寺は文挟にあり、星宮山正覚院と号し、真言宗智山派である。戦国時代に文挟の村人の墓所にあった供養の仏堂を、天正年間(一五七三~一五九二)に喜連川の慈光寺が支配して正覚院と称したことが始まりだという。宝暦八年(一七五八)に正覚院が広蔵寺として開山された。開山は延宝五年(一六七七)ともいわれる。