高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第五章 信仰

第一節 ムラの鎮守の由来

 太白神社は文挟の鎮守である。享保一三年(一七二八)に創建され、星宮大明神と称した。広林寺が別当であった。鈴木家の氏神であったというが、明治初期に文挟村の鎮守となった。太白星は金星の異名であり、星宮の信仰から太白神社と称した。