高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第五章 信仰

第一節 ムラの鎮守の由来

 神明宮は栗ケ島の鎮守である。元禄一四年(一七〇一)に祭ったと伝えられる。近世には天照皇太神宮とも称し、地蔵院が別当であった。戦国時代の栗ケ島郷は伊勢神宮の神領であり、伊勢信仰があったことがうかがえる。白鳥では白鳥神社を祭っていたが、明治四五年に神明宮に合祀した。これにより神明宮が栗ケ島の鎮守となり、大正一五年に村社となった。