高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第五章 信仰

第一節 ムラの鎮守の由来

 星宮神社は中阿久津の鎮守である。創立は不詳だが、江戸時代には虚空蔵菩薩を祭り、明神さまと呼ばれていた。虚空蔵菩薩はウナギに乗るので、中阿久津ではウナギを食べなかった。自性院が別当であった。明治初期に祭神を磐裂神・根裂神とした。祭日は一一月九日だったが、現在ではそれに近い日曜日に行う。境内には富士神社・竜神社・湯殿神社がある。