高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第四章 ムラの暮しとイエの暮し

第一節 ムラの暮し

三 ムラの共有財産

 ムラには鎮守社のように共同で祭祀する神社やお堂があれば、山林などを共有し、個人では所有できないものを集団で所有することによって生活の安定維持をはかった。
 共有財産には大字単位で所有する物、ブラクや班単位で所有する物、あるいは特定の関係者だけで所有する物などがある。大字単位で所有する代表的な物には、鎮守社の社殿、敷地、境内林、および付属の水田などがあり、ブラクや班で所有する物としては、お堂や葬式で使用する霊柩車、百万遍念仏の数珠や鉦あるいは葬式・結婚式で使用する膳椀などがある。また、関係者だけで所有する物として、用水路や用水堰およびそこに付随する土取り場などがある。なお、高根沢町では、前述したように現在行政区が設定されているが、行政区単位の共有財産として自治公民館がある。