高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第二章 着物・食べ物・住い

第三節 住い

三 家の普請と建築儀礼

 戦前、家の新築は、三世代に一回といわれたほど大変な事業であった。家の普請は、大工や屋根屋だけでなく組内や親戚の者も建築材の取得から作業まで手伝ったものである。また、仕事の無事と安全を祈り、あるいは当家の繁栄を願い作業の節目ごとに儀礼を行ったのである。