高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第二章 着物・食べ物・住い

第二節 食べ物

五 食事の場と道具

(一)食事の様子

 食事の場は、家長が中心であった。家長の飯を一番先に盛り、家長が箸をつけないうちは他の者も食事を始められなかった。飯を盛るのは嫁の役目で、家長の飯を先に盛り、麦飯でもなるべく米の多いところを盛った。食事は子供たちに行儀作法を教える場でもあった。