高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第二章 着物・食べ物・住い

第二節 食べ物

四 保存食

(二)乾燥食品

 秋、稲刈り前になると、田んぼで捕ったイナゴを佃煮にした。イナゴ捕りは子供の仕事で、学校に行く前に捕ったものだった。捕ったイナゴは手拭いを二本縫い合わせた袋に入れ、袋がいっぱいになると、風呂敷に包んで背負った。イナゴは茹でてから天日で充分乾燥させ、羽根や足を取り除いて調理する。乾燥した状態で保存することもできた。イナゴは、鍋で水少々と砂糖醤油で水気がなくなるまでじっくりと煮詰め、焦げないように乾煎りした。

図37 イナゴ捕り(大谷 阿久津次大氏提供)