高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第二章 着物・食べ物・住い

第一節 着物

一 衣料と履物・被り物

(二)人の一生と衣類

 結婚式を終えると嫁は新客にいくといって、実家に里帰りをした。婿を取った場合でも、嫁とともに実家に行った。
 新客には、嫁は髪を島田に結って、揚げ帽子をかぶり花嫁衣装を着ていった。一晩泊まって、翌日には丸髷に結い替えて、留め袖などのよそゆきの着物に着替えて帰った。丸髷は結婚した女性という証しであった。