高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 民俗編

第二章 着物・食べ物・住い

第一節 着物

一 衣料と履物・被り物

(一)仕事着と余所行き

 ヨソユキ(余所行き)とは、余所へ行くとき、たとえば、祭りや婚礼などの祝い事などあらたまって外出する際に着る着物のことである。余所行きの装いをオシャラクともいっていた。
 男子の余所行きの多くは紋付きの羽織、絹の細い縞または仙台平の袴という礼装で、黒の羽二重などで仕立てたものである。大島紬やお召し、銘仙なども余所行きの一つで上等なものであった。夏物では絽の長着や麻地の白絣の浴衣などがあった。
 女子は紋が付いた江戸褄が最も格が高く、婚礼衣装でもあった。次に格の高いものが、絹、紬、銘仙、メリンス、カタツキと呼ばれた模様のある着物で、嫁入りの時に持参したものが多かった。また、正月には木綿の袷の長着、夏には祭りに着る浴衣などを新調した。

図5 夏のヨソユキ(大谷 阿久津次大氏提供、大正時代)