高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅱ

第二章 宝積寺駅の開業と地主制の成立

第七節 学校教育の整備

三 小学校令の制定と学校行事の普及

 明治三〇年ごろから三三年一二月にかけて、北高根沢村において、村の首脳間に職務取扱い上の対立が生じ、それが尋常高等小学校の建築問題に大きな影響を及ぼす事件となった。
 北高根沢村には、明治二六年尋常高等小学校ができたが、実際には太田の宝泉寺(現廃寺)を仮用しており、新校舎の建築は村人にとって大きな課題であった。
 そこで、明治三〇年より新校舎の建築委員を村会で選定し、彼らを中心に敷地の選定を始めた。同年候補地が上がったが、一一月の村会では否決された。翌年七月、村会で新築方法書を決議し、一二月の第三八回村会で、出席一四名中賛成一一名、反対二名、無効一名で、敷地が選定された。
 その後、詳しい理由は分からないが、敷地問題をめぐって数か所の字の住民が役場に押し寄せ、新築委員の辞任要求を強硬に主張する事件が発生した。そのため数名の委員が即刻辞任することになり、委員会を開くことさえできなくなった。そして、さらに数か所の字人民は役場集結の数を増やし、はなはだ不穏の状況になったため、村長は村の駐在巡査を呼び、警戒にあたるほどであった。
 三二年一二月半ばには、村長渡辺甲子に対し辞職勧告書が提出され、同月二四日村長は、新築問題で一部の人間の暴挙に起因するとはいえ、村民に深く迷惑をかけたとして辞退届を提出した。結局辞任したのは三三年九月であるが、その間塩谷郡長や、村内有力者の宇津権右衛門、矢口長右衛門などが双方を仲裁し、同年一二月、両者は和解した。
 翌三四年七月に、校舎は太田一一八九番地に新築落成し、仮校舎から移転することができた。翌年には「御真影」が下賜されている。
 
表40 明治26年高根沢町管内公私立小学校表
学  校  名  称設立の区分所 在 地創立年修学年限学級数訓   導 准訓導生徒数日々出席生徒平均数学 校 長
(首座教員)
文挾尋常小学校公立熟田村 文挾明治二五四四三九小瀧 栄太
北高根沢尋常小学校北高根沢村太田五二四二宇津 礼五郎
北高根沢東部尋常小学校同村 中柏崎三四二八谷口 彌六
北高根沢南部尋常小学校同村 上高根沢七七一二五五塩田 一馬
北高根沢北部尋常小学校同村 花岡七五一六五七野沢 辰之助
北高根沢尋常高等小学校
 尋常科 平田分校
同村 平田二六二一一七

 同   亀梨分校
同村 亀梨二六二三一七

 同   桑窪分校
同村 桑窪二六二三一六
大谷尋常小学校阿久津村大谷二六四四二三五七細井 禎二
石末尋常小学校同村 石末二六五六二六五二永井 習吉
宝積寺尋常小学校同村 宝積寺二六四八一七五二

明治26年 栃木県学事年報から作成

図77 辞任した渡辺甲子村長