高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第四編 近世

第六章 近世後期の支配の変化

第二節 一橋領の成立


5図 上高根沢の一橋陣屋跡(東側からの遠望)

 下野の一橋領は享和三年(一八〇三)の時点で、芳賀郡二十二か村約九千百四十五石、塩谷郡十か村約五千五十四石で、芳賀郡は現在の芳賀町域、塩谷郡は現在の高根沢町域に含まれていた。後述のように、文政十年(一八二七)に下野領が縮小され、芳賀郡七か村約四千百四十三石六斗、塩谷郡二か村(上高根沢村と桑窪村)約二千十七石六斗となり、幕末まで変わらなかった(史料編Ⅱ・一二四頁、七三三~七四八頁)。武蔵・下野・下総三国の一橋領の支配は一、二名の代官が担当し、下野領に関しては、上高根沢村に陣屋が置かれ、江戸屋敷から派遣された役人のもとで、地元の農民から採用された数人の部下が勤務していたらしい。
 「下野国芳賀郡・塩谷郡村訳帳」(宇津史料館文書)の作成年月は明確ではないが、一橋下野領として、芳賀郡二十二か村と塩谷郡十か村が記載されているので、一橋家が幕府から十万石の領地を与えられた延享三年(一七四六)九月以降、大規模な領地替えが行われた文政十年(一八二七)二月以前に作成されたものであるが、他の史料との関連から、ほぼ享和三年(一八〇三)ごろの作成と推定しておきたい(史料編Ⅱ・七三三頁)。3表に塩谷郡十か村(高根沢町域)の記載を要約して収めたが、各村の概況がほぼ同じ基準で述べられており、比較・検討するのに好都合である。
 「下野国芳賀郡・塩谷郡村々様子大概書」(一橋徳川家文書)の方は、天保三年(一八三二)に作成されたものと推定される。この年一橋領では、同一の基準で備中・播磨・摂津・和泉・下総・武蔵・越後で「村々様子大概書」が作成されているからである。一橋下野領は文政十年(一八二七)二月の大規模な領地替えで、芳賀郡七か村と塩谷郡二か村に減少している(史料編Ⅱ・七四四頁)。3表に塩谷郡上高根沢・桑窪二村の記載を要約して収めた。各村の概況が前記の享和三年ごろと推定した「村訳帳」とほぼ同じ基準で述べられているので、家数・人数・馬数や酒造株・酒造高などのデータを比較することができる。
 
3表 享和3年(1803)カ・天保3年(1832)高根沢町域の一橋領10か村の概況
村名単位享和3年カ(1803)天保3年(1832)
上高根沢栗ケ嶋太田寺渡戸前高谷西高谷平田上柏崎亀梨桑久保合計上高根沢桑窪合計村名単位
1432.5852590.7060462.7360218.0400560.0610154.0475699.3720208.5885243.4690585.01205154.61721432.5852585.01202017.5972
内、新田畑高153.247236.195033.858040.255524.817019.106582.778516.35752.4800236.9920646.0872153.2472236.9920390.2392内、新田畑高
内、無地高等17.11500.19900.661545.423263.398717.115017.1150内、無地高等
田高、新田共1035.4365424.9205326.4700157.8510記載欠81.6625533.8425118.0400記載欠398.98003077.2031043.4365398.98101442.4175田高、新田共
田反別畝.歩17394.065401.005967.252554.264817.081551.178719.242938.19925.026067.1456337.2117575.276067.1423643.11田反別畝.歩
畑高、新畑共380.0337122.7855136.206060.1898記載欠72.6625164.868090.5485記載欠186.03201213.326372.0337186.0310558.0647畑高、新畑共
畑反別畝.歩21270.265731.295854.262392.117102.272141.158856.003519.093179.028237.0068285.2521089.058237.0029326.05畑反別畝.歩
外、見取畝.歩131.24131.24外、見取畝.歩
家数23774602678記載欠12047428777118356239家数
人別1190372319153378記載欠66022216141138669042511155人別
内、男67920918290219記載欠398131972182223466131597内、男
内、女51116313763168記載欠26291641931652438120558内、女
馬数83記載欠18620記載欠45108302209445139馬数
地内東西720450720250960480480310260450720450地内東西
地内南北13206505405304803907205001805401320540地内南北
御林箇所141611御林箇所
同反別畝.歩131.24169.00142.10443.04142.15142.15同反別畝.歩
百姓持林箇所21022113416122142252041321020230百姓持林箇所
同反別畝.歩4175.0082.09153.09149.23111.15105.11320.24264.27442.14200.006005.114175.00200.004375.00同反別畝.歩
酒株41511酒株
酒造高195.0600100.0000295.0600500.0000500.0000酒造高

出典:享和3年カ「下野国芳賀郡・塩谷郡村訳帳」、史料編Ⅱ・733頁
天保3年「下野国芳賀郡・塩谷郡村々様子大概書」、史料編Ⅱ・744頁