高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第四編 近世

第五章 商品生産の発展

第一節 農間余業の広まり

三 高根沢の諸渡世

 「村明細帳」には、鍛冶屋・大工・表具屋・木挽などの技術者の存在が記されていることがある。高根沢町域の村々では、次の三村で確認できる(史料編Ⅱ・九、二二、六九、八六頁)。
 
  寛延二年(一七四九)上高根沢村 指物屋 一人、大工 二人
  安永四年(一七七五)石末村  木挽 二人
  天明七年(一七八七)宝積寺村  大工 二人、絵図師 一人
  慶応元年(一八六五)同村   大工 三人、杣取 一八人
 
 このように農村に居住しながら、農業以外の職で渡世している者も、少数ではあるが、存在していたのである。