高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第四編 近世

第五章 商品生産の発展

第一節 農間余業の広まり

二 高根沢の農間余業

5表 元治2年(1865)上高根沢村阿久津家の綿製品の高根沢町域よりの買入高
地域名購入製品の種類買入金額
西根種綿・綿実2両3分352文
太田村種綿・繰り綿・木綿織物・綿実8両1分2朱31貫260文
栗ケ嶋村木綿織物・糸11貫500文
桑窪村木綿織物3貫50文
平田村木綿織物4貫880文
台新田村種綿・綿実1分4貫92文
寺渡戸村木綿織物・綿実4貫174文
赤堀新田綿製品2貫275文
西高谷村木綿織物・綿実1両1分3貫972文
上金井繰り綿・種綿2両1貫465文
無記名種綿・糸・綿実・繰り綿他17両1分2朱148貫273文

出典:上高根沢 阿久津恵一家、元治2年「綿買入帳」(史料編Ⅱ・497頁)
      注.西根・上金井は上高根沢村の大字
 
 「糸つむぎと木綿布織り」は、綿栽培が普及するにつれて、女性の重要な農間余業となっていった。畑地の多い村では栗や稗、陸稲や芋類の作付けが主であったが、商品作物として綿が栽培されるようになると、種綿で販売するよりは、繰り綿として出荷した方が高く売れる。綿実は灯油の原料となるので無駄にならない。やがて繰り綿を糸に紡ぎ、その糸を使って木綿布に織り上げて販売するようになる。木綿布織りは、もともとどこの農家でも自家用のために行っていたものであった。これらの作業は、農閑期となる初冬から初春にかけて行われる。
 元治二年(一八六五)、上高根沢村の阿久津家が購入した綿製品を高根沢町域の村別に示すと、5表の通りとなる。太田村からの買入が一番多く、次いで西根及び上金井(上高根沢村)である。また、太田村・栗ケ嶋村・桑窪村・平田村・寺渡戸村・西高谷村の各村では、綿製品として販売し、現金収入の手段としていた。その販売量は、木綿織物を総計すると六十反になり、その販売高は三両と百五十九貫十一文となる。高根沢町域の村々で生産されていた木綿織物も、一戸当たりの量はわずかであるが、村々のものを合わせれば相当な生産量となる。個々の農家にとってみればわずかな農間稼ぎではあるけれども、年間を通してみれば、農家にとって女性の余業稼ぎは、決して欠くことのできない現金収入であったのである。